亜鉛の効果

亜鉛の人体による効能と生理作用

更新日:

亜鉛は体の中にある必須のミネラルであり、亜鉛が不足すると発育遅延・脱毛・毛色の異常や運動失調に影響が出ていることが分かっていましたが、近年ではさらに皮膚の障害、生殖機能、骨格の異常、食欲不振なども考えられています。

 

亜鉛欠乏による発育遅延

亜鉛が不足することにより、たんぱく質の合成が低下し細胞の核分裂と生産が落ち成長速度が落ちます。

 

亜鉛による皮膚の影響

詳しいメカニズムは不明ですが、皮膚の創傷組織の修復に必要なさまざまな酵素を取り込まれると考えられています。

 

亜鉛による生殖機能の効果

亜鉛は、男性においては精子の形成と睾丸などの生殖器官の発育に直接的な効果があり、女性においても発情から妊娠までのすべてに影響を及ぼします。

 

亜鉛不足の味覚障害

亜鉛が体内のDNA、RNA、タンパク質合成に関与するため口内の粘膜の機能に影響してきます。

 

亜鉛による視覚の改善

人間の目には高濃度の亜鉛が存在し、老化による束状角膜炎を押さえて視覚の改善にいいとされている。

 

亜鉛不足による肝臓への影響

亜鉛は肝臓の銅酵素の働きを抑えて肝臓の繊維化を抑制し、肝硬変の予防をします。

 

亜鉛による成人病予防

慢性の亜鉛不足はタンパク質合成が不完全になりやすく、老化・発がん、成人病へと発展しやすくなる。

 

>>牡蠣のチカラαの評判|脂肪肝にもいい、贅沢な成分を飲んでみた感想TOPへ

-亜鉛の効果
-,

Copyright© 牡蠣のチカラαの口コミ|栄養たっぷりの成分を楽天よりお得に購入! , 2018 All Rights Reserved.